愛車 Cannondale Quick4(2012)の最大の欠点はグリップだと思います。純正品は安っぽく、くるくる回ってしまうのです。最近のモデルだと改善されてるかなぁ??
とはいえ、すべて純正品のままでも楽しくないので、前向きに受け止めグリップを交換してみました。バーエンドも使ってみたかったし。
20140810135005.jpg
自分で交換しても良かったのですが、同時にハンドルバーをちょっと短くしかったので、Quick4を買った札幌の「サイクルショップおかべ」へ。

選んだのは「ERGON GP2」。クロスバイクなどでは定番のようです。ショートタイプとロングタイプがありますが、ショートはグリップシフト向けなのでロングをチョイス。また、それぞれS/Lサイズが選べますが、手が小さいのでSにします。
20140810135022.jpg
ノンスリップラバーを挿入したグラスファイバーコンポジット製バーエンド付グリップで、バーエンドとグリップの角度は、それぞれ独立したアングルで設定できます。

付け替えてもらうと、握りやすいし手にストレスを感じないというか、すごく楽になりました。また、ハンドルバーを少し切ってもらったのですが、バーエンドがある分ハンドルバーの全長はあまり変わりませんが、グリップの位置を変えた効果も時間できます。もちろん、長距離だとバーエンドがあるとやっぱり楽です。

ゴルフはグリップが決まらないとボールをコントロールなんてできないし、山を歩いてもグリップが弱いと足元ばかり気になってしまいます。自転車もサドルやグリップなど、人間と自転車との接点部分の変更はお手軽だけど大きな影響がありますね。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ