ママチャリ(シティサイクル)以外で初めて買った自転車が「DOPPELGANGER Blackmax 202」です。
20120809114525.jpg
スポーツサイクルの世界を知るために、でもあまり投資はしたくない、そして小型軽量好きとしてはミニベロに興味がある、おまけにスポーツ車専門系の自転車ショップには足を踏み入れにくいオーラが充満している(苦笑)・・・そんな理由からAmazonでポチりました。

その後、無事スポーツサイクルの楽しみを知り、クロスバイクのCannondale Quick4を買いましたが、ママチャリオンリーだった人間が自転車に2万円以上を投資するのは大きな心変わりが必要です。
高級自転車オーナーの一部の人たちからはボロクソに言われるDOPPELGANGERの自転車ですが、こういう「スポーツルック車」が存在しないと、スポーツサイクルは敷居が高すぎる世界だとわかってほしいです。クロスバイクも否定する人がいますが、自転車ライフを楽しむという裾が広がらないと、今後の開発研究費も量産効果も生まれないのにねぇ・・・マニアは高い利益率を生んでくれますが、大きな売り上げを生んではくれません。
確かにDOPPELGANGER社自体は自転車メーカーではなくアウトドアブランドなので、本業としているメーカーよりも至らない点が多いようですが。

Blackmax 202はちょっとしたママチャリ並みの価格ですが、直販メインだし整備はAt Your Own Riskなので、本来自転車屋さんが組み立てや整備のために取るべき利益をスポイルしてると考えると、価格以上の品質はあると思います。ディレイラーだってシマノ製です(Tourneyだけど)。
初めてのスポーツ(ルック)車だったので、防犯登録を兼ねて「サイクルベースあさひ」で初期点検をしてもらいました。スポーツ車専門系の自転車ショップでは、他店購入車やスポーツルック車の整備は断られたり嫌な顔される場合が多いようですが、ママチャリからスポーツ車まで扱っているサイクルベースあさひでは問題ないようです(店員のスキルにはばらつきが大きいようですが)。

その後、折りたたんだ際にすっきりするようにペダルを変えたり、ハンドルをストレートタイプに変えたり、グリップシフトが嫌なのでシマノのラピッドファイヤーに変えたり、車両価格を考えながら遊んでみました。シフターを変えた時にはディレイラーの調整がどうも上手くいかず、再びサイクルベースあさひに行って教えてもらったりもしました(^^:

車重も一般的な折りたたみ車並みだし、街乗りならそのままで十分で、タイヤを変えればちょっとくらいの遠乗りも余裕でしょう。投資対象と思えれば、外装変速機だからスプロケットを変えればより速くも登りが楽にもなるだろうし、軽量化を目指せば車重10kgを切る事もできるようです。

僕の場合は、購入金額は上回りたくないという想いがあり、上記以上の弄りはしてませんので、近所への買い物や駅までの足として使ってます。

盗まれるリスクと受けるダメージは、高級車とは全く違う点も意外と重要です。高級腕時計のように色んなことに気を使いながら扱う楽しみもありますが、安価なものにもそれなりの楽しみ方がありますもんね。

【追記】2016年7月 売却 

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ