ネットで見て一目惚れした「山と道 MINI X-Pac ver.」をついに手にすることができました。
20150914071538.jpg
気持ちと財布に余裕がある時はSOLD OUT、手が出せない時に無理しようか悩んでいたら・・・いつの間にやらSOLD OUT(笑)

この度やっとタイミングが合って購入に至りました。

低山日帰りがメインで、野山を駆け回る体力もないので道具はシンプルで軽い方が嬉しい。無雪期なら、驚くほどの丈夫さも必要ないし、大容量だとしてもそんなに担げないし(苦笑)

そして気分を上げるためにも見た目は大事(笑)
20150822150415.jpg
で、届いたのは金曜日。

本来なら早速パッキングして山へ!・・・というトコですが、運悪く次の日(土曜日)は休日出勤(泣)
普段は自動車通勤だけど、悔しいからこのザックをを背負ってチャリで通勤してやりましたよ(笑)

その後、天候不良や猛暑でトレッキングに行けず、8月下旬から山でも使い始めました。
このザックのレビューは至る所にあるのでちょっとだけにしますが、「背中上部で背負う」という感じが凄く良いです。

ウエストベルトが付属していますが、ほぼ必要性を感じないくらいです。

実は前もって「山と道 ZIP pack」を買っておいたので、これをウエストベルトを着けて・・・と考えていましたが、その役割はサコッシュで代用できてしまうのです。もちろんロングハイクなら事情は違うでしょう。
20150914071310.jpg
オプションの「背面パッド(ブレスエア+薄型パッド)」も一緒に買ったのでそれに入れ替えて背負いましたが、蒸れは感じませ~ん♪
20150914071349.jpg
でもいきなり交換したので標準のミニマリストパッドとの比較ができていないんですけどね^^;

あと、サイドポケットが素晴らしく、背中上部で背負っているのにショルダーベルトをちょっと緩めればおぢさんの柔軟性でもザックを降ろさず飲み物にアクセスができます。
20150914071621.jpg
ウエストベルトまでしっかり付いているザックでも、サイドポケットの飲み物が取れないザックが多いのにこれは感動です。

やはり、長期テストを経てから製品化されているのがわかります。凄くよく考えられています。

チェストハーネスの留め具も片手で止められるようにとメス側は右のショルダーベルトに固定されてます。慣れるとホント使いやすいです。
20150913134752.jpg
一緒に買った「山と道 Inner Bag」は、スマホとか鍵とかハイク中に使わない小物を入れるのに便利です。
20150913134925.jpg
ただ、これはちょっと使いにくいかも。入れたものを取り出す時に、どこに手を入れているのかがちょっと分かりにくいです。素材を変えるとか入り口にショックコードを付けて巾着風にするとか、触感(?)の違いがあるといいなぁと思いました。

もう、べた惚れです。
25~30Lなので容量も十分。パッキングサイズによってザックを圧縮できるのも嬉しいです。無雪期日帰りはこれで確定です♪

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ