無印良品の家」なんて素敵ですが、それは現実的ではないので、家ならぬ「無印良品の部屋」をリビングに作ってみました。
20160417102547.jpg
思い立ってから3年こつこつ買い集めていましたが、先日リビングをフローリングにプチリフォームしたのでそこで一気に加速し完成させました。

無印良品って西友のプライベートブランドがスタートなので、シンプルで安くて良いモノが多かったのですが、いつの間にやらのブームで本物志向になるなどの紆余曲折を経て、最近は「程よい」感じになった気がします。もちろん個人的な見解です。

しかし家具は未だに賛否両論が渦巻いているようですね。
高級志向/本物志向の人たちには品質が低いコスパが悪いと叩かれ、一般的な人たちからは高級感がある買ってよかったと称賛され・・・でも、ある意味それが無印良品が目指しているポジションなのかもしれませんね。

「無印良品 = no brand goods」の由来通り、程よい品質とコスパで良いのはないでしょうか。

その無印良品の家具は、基本自分で組み立てることになります。追加料金で組み立ててももらえますが1つ1つに料金が発生するので、まとめ買いなどの場合は非常に高額になります。
自分で組み立てるとしても梱包もしっかりしていて、説明書も丁寧だと思うのでゆっくり読めば大丈夫でしょう。
ただ、こういうのが苦手な人には苦痛な文章かな。僕も「乙が・・・甲が・・・」など書いてある文章を読むと脳が拒絶反応を起こしますから。あと、当然ながら家具なので、ある程度の重量があり組み立てには力が必要です。大きな家具は女性一人で組まない方がいいかもしれません。

で、今回「無印良品のリビング」を作るにあたってのコンセプトは「掃除を楽にする」です。つまりはメンテコストを下げる事としました。

ポイントは、

  • 床にモノを置かない
  • 埃が被る面積を最小限にする。もしくは凸凹を無くす

と定義します。

なので、納期1か月以上掛かったスタッキングシェルフ以外は全て床から10cmほどの高さがあり、モップや掃除機のヘッドが入ります。
20160511073209.jpg
我が家のDyson V6 MotorHeadだとモーターヘッドがギリギリ入ります。ホントにギリギリだけど入ります。同じV6でもFluffyなどのソフトローラークリーナーヘッドは多分入りません。MotorHeadを選んだ理由というか言い訳がここにもあります。

実はスタッキングシェルフではなくユニットシェルフにしてこれも床上げしたかったのですが、残念ながら予算オーバーで断念しました。無念。

そのスタッキングシェルフも飾っておきたい書籍やアクセサリー以外は、見栄えの良い(けど高い)スタッキングチェストと、(コスパの良い)硬質パルプボックスやポリプロピレンボックスポリエステル綿麻混ソフトボックスなどを使って、掃除の手間を省いています。

また、可能な限り埃が被らないように、蓋付きのボックスやガラス扉を活用しています。
マグやコッヘルを含めたアウトドアギアや、カメラや時計は「組み合わせて使える木製収納」というイマイチなネーミングの収納家具に収め、ガラスや木の扉で塞いで掃除の際の手間を軽減してます。「組み合わせて使える木製収納」としては多分少数派の奥行40cmのタイプを選択し、食器棚にも流用できるようにしています。

見せるものはガラス扉で見せる、よく使うものは扉の中や引き出し、たまにしか使わないものや密封したいものは蓋つきの箱へという感じです。

テーブルと椅子はこれまたネーミングセンスを疑ってしまう「リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ」を選びました。
20160511073118.jpg
確かにわかりやすい名前ですが、こんなベタな名前の付け方は・・・北海道民か!? ←自虐

今回、床には可能な限りモノを置かないのがミッションなので、ラグ&「体にフィットするソファ」で"極楽世界"を築くのは諦めました。そして一般的なリビング用のソファも止めました。ソファを買うと軽食やPCを使う際のテーブルセットが欲しくなり、別途スペースを取ってしまうので、「ソファの上でゴロゴロ三昧」とのトレードオフで「リビングでも・・・」をチョイスし広々空間を得ました。すぐゴロゴロする自分に喝!です。

ただ、「リビングでも・・・」のソファチェアだけではリラックスタイムに不十分なので、同シリーズのベンチをオットマン用も兼ねて買いましたけどね。

で、その「リビングでも・・・」のソファチェアですが、売れ筋商品なだけあって確かに使いやすいです。ソファの快適性とダイニングチェアのしっかり感が上手く両立されています。横にはなれませんが・・・これもゴロゴロ防止です。

あと、やりたかったのはザックのディスプレイ。
20160417102655.jpg
4段のチェストの上には、トレッキング用の山と道のザックたちと、トレイルライド(MTB/グラベルロード)やトレッキング&ライド(=低山に自転車で向かう)で使うOSPREY REV6、そしてトレッキングに必要だけど利用頻度の低いものを集めて入れてあるifyouhaveのNapPack

これらザックを、これまでは写真立てに使っていた「壁に付けられる家具」シリーズの長押を「組み合わせて使える・・・」の高さに合わせて取り付けて、「横ぶれしにくS字フック 小」でザックを掛けています。

本当は「壁に付けられる家具」シリーズのフックを使った方がザックを掛けるのは楽なのですが、長押を既に持っていたし横の家具と高さを合わせた見た目が好きなので長押を使ってます。

サコッシュなどは「壁に付けられる家具」シリーズの3連ハンガーに掛けています。サコッシュなどなら3連で使えます。

という訳でザックとサコッシュはマメな掃除対象ですね。でもディスプレイしたい以上これはしょうがない。

そしてなんと空気清浄機も買ってしまいました。
20160417102944.jpg
これは近所の無印良品の実店舗が閉店するとの事でなんと半額だったので(展示品)。しかも5千円OFFキャンペーン中だったので5千円を引いた価格の半額。結果定価の56%OFFでゲット(無印良品週間の10%OFFは残念ながら適用外)。
展示品でしたがフィルターは未開封品だったので未使用品ですね。全くの無問題です。交換用フィルターもちょっと高いのですが、これまた閉店セールで半額だったので1つ買ってます。同梱品と合わせてこれで2年は大丈夫です。

効果は目に見える訳ではないのでわかりにくいのですが、プラシーボ効果も合わせて期待ですね。

そんな感じの部屋の片づけと家具の入れ替えで、自他共に認める道具好きに加えて物持ちも良い方の僕からはもの凄い量の廃棄物が出ましたが、

「2年使っていないものは必要ないもの」

とMyルールを作ってどんどん捨てていきました。多分困ることも出てくるでしょうが、まぁそれも想定内です。

また、収納領域はジャストサイズではなく、かなり余裕を持たせて領域確保しているので、少なくとも数年はモノが溢れることはないでしょう。多分。

「キレイないものはキレイなまま、でも一旦それが崩れたらどこまでも崩れる」

という自分の性格を利用した徹底的な断捨離が功を奏し、断捨離してから3か月以上経ちますが状態はキープされています。1年後にどうなっているか我が事ながらちょっと楽しみです。

さて、揃えに揃えた無印良品の家具ですが、自分の中では「満点じゃないけど合格点」かなと思います。安くはないけど背伸びをすれば届く範囲の価格帯だし、作りもそこそこいいでしょう。今回は商品が10%OFFになる無印良品週間の他に、インテリア相談会でアドバイザーの方に相談したり(10万円毎に5千円の優待カード)、WEB限定のMUJI Card新規入会キャンペーンのタイミングでMUJI Cardを申し込み一気に買い物をしてポイントを稼いだりと、あの手この手で安く買う工夫をしました。実店舗の閉店セールも大きかったです。

また、商品の精度という点ではボチボチというか組み立てる人のスキルに依存する部分でもあるので、「誰でもそこそこの精度の家具を組み立てられる」という点で考えると不満はありません。

ただ、生産管理や在庫管理の体制が甘いというか、セールの際にモノがない、セール期間で売れ筋商品なのに納期1か月以上とかはちょっとどうかと思います。店頭の人たちはしっかり教育されていて親切な方も多いのに、店頭でオーダーしたら処理にすごく時間が掛かってしまったりと、システム側にも問題が多い気がします。また似たような商品が多すぎるのもユーザーは迷います。と考えると企画・調達周りのバックヤードですね。

とか言いつつ、無印良品の製品のテイストは好きなので、バックヤードの整備をよろしくお願いします。



今日は朝から雨。
元々微妙な天気予報だったので、当初計画していた大雪方面は諦めて、札幌市内の低山をまとめて登ろうと思っていたけど、それも未明から続く雨で断念。
急遽、車の12月点検に行ったりとそのうちやろうと思っていたことを片付けましたが・・・明日も雨。

ここ2週間ほどは平日には晴れ間も見えますが、週末はどうもイマイチな天候です。

早く晴れてくれないと雪が降りますよぉぉぉ・・・。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ