久々に晴れた日曜日、サイクルロゲイニング(Cycle Rogaining)なるものに参加してきました。「サイクルロゲイニングSAPPORO with ブロンプトン
20170618094116.jpg
聞きなれない”ロゲイニング(Rogaining)”という単語ですが、ロゲイニングを考えた(創始者)である3名(Rod Phillips / Gail Davis / Neil Phillips)の頭文字からきているとか。こりゃ知らなくて当然ですね。

そもそもロゲイニングとは、「あらかじめ決められたチェックポイントを出来るだけ多く回り、獲得した点数を競う野外スポーツ」だそうです。オリエンテーリングとの違いはチェックポイントを回る順番が自由である点でしょうか。そういう意味では過酷な条件で「山の総合力」が試される山岳マラソンレース「OMM(Original Mountain Marathon)」に近いかもしれませんが、ロゲイニングは観光ポイントやグルメスポットなどをチェックポイントにしているので”過酷”とは無縁で老若男女楽しめます。イングレス(Ingress)のアナログ版って感じでしょうか。
20170618104025.jpg
で、通常のロゲイニングは徒歩やランニングですが、自転車で移動するのがサイクルロゲイニング。サイクルロゲイニングのブロンプトン版が「サイクルロゲイニング with ブロンプトン」となります。獲得した点数を競うのですが、競うと言ってもブロンプトンなのでFightというよりPlayですね。過去には東京と横浜で開催されたようです。

そんな感じで、日曜の朝に札幌駅北口付近の札幌ハウスに集まります。
20170618095438.jpg
今日は同時期にブロンプトンを買った後輩Mがバディーです。
受付して、手ぬぐいを貰って、開会式でルール説明や交通ルールの説明を受けて、地図(チェックポイント)を貰って、スタートです。
20170618105236.jpg
地図を貰った後に立てる作戦が重要ですが、後輩Mも僕も地理は特別得意ではないので、緩めのルートを取りました。FightではなくPlay。
20170618124434.jpg
競技時間は3時間半なので、距離的にも20〜30kmほどの程よいライドです。

ポイントを稼ぐのはずばり「食」。どんなに走ってもグルメポイントには敵いません。という訳でランチは後輩Mがラーメン、僕がスープカレーでそれぞれポイントをゲット。
20170618131648.jpg
天気も良く、楽しく走り、楽しく食べた1日に満足です。毎年やって欲しいなぁ。

でも上位に入った人達は、PlayじゃなくFightのようでした。ルール説明の際に「地図読みがロゲイニングの楽しみでもあるので、Google MapなどのIT機器の使用は控えて下さい」とお達しがありましたが、どうも従っていない気がする参加者もチラホラ・・・。たしかに景品は魅力でもありますが、なんか違う気がします。主旨を考えると、順位は名誉だけにして景品はビンゴとかでも良い気がします。

しかし、サイクルロゲイニングの他にもブロンプトンオーナー限定のイベントがあるのが凄いですよね。唯一無二とはこのことか。
20170618142841.jpg
最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ