ずっと欲しかったのですが、「春秋のミドルウェアなら他で代用できそう」とか「インナー以外のメリノウールをちょっと想像できない」とかでイマイチ踏み切れませんでしたが、購入しました。
20170930154319.jpg
実は輸入元のA&Fによるとibexの取り扱いはこの秋(2017年)以降不明らしく・・・思わず背中を押された形です。蓋を開ければ来期以降も今まで通りなのかもしれませんが、良いキッカケ(≒言い訳)にはなりました。色はPewter Heatherです。

積雪期にはベースレイヤーとしてibex woolies 1や2 を愛用(+信頼)しているし、肌触りはibexのメリノウールが一番良い気がします。
20170930153519.jpg
そんなibexのIndie Hoodyはwooliesの1と2の間くらいの195g/m2の厚みで、フードとサムホール付きのフーディです。

ベースレイヤーのwooliesみたいにピチピチしてないのので、ドライレイヤー/ベースレイヤーやTシャツの上から着ても丁度よりサイズ感です。狙い通りミドルウェアにピッタリ。

メリノウール素材による天然の温度調整機能に加えて、長めのフロントファスナーとフード+サムホールなので、より積極的な体温調整が可能です。
20170930154456.jpg
実際、フリースほどの暖かさはないですが、僕の場合は暑すぎたり寒すぎたりでフリースのみで山を歩くという事はほぼありません。Paragonia R1R2は、ドライレイヤー・ベースレイヤーとハードシェルの間が鉄板のポジションです。ハードシェル(Teton Bros. TB jacket)の透湿性が高いので、ハードシェルを脱がずに1日過ごせることも多くなってます。

秋の山でも、汗ばむこともありましたが汗冷えがゼロなので着続けることができるのです。

寒い時期以外のメリノウールって懐疑的な考えもありましたがMerino Henry T-shirtを着てすっかり反転し、春秋に「羽織れる」メリノウールがずっと欲しかったのです。
20170930153617.jpg
もちろん山と道 Merino Hoodyも候補に入っていましたが、これ1枚でも歩きたいので実店舗で試着をしてみたかったのと、もしかしたら今後ibex製品は買いにくくなるかも・・・という不安、そしてクレジットカード提携の10%OFF+A&Fポイント付加という誘惑により定番のIndie Hoodyを選びました。

メリノウールの持つ”天然のエアコン効果”は、ハイク中だけではなく小屋泊/テン泊時にはそのまま寝れるというメリットがあるし、”天然の消臭抗菌作用”は「マナー」として有効との事。消臭抗菌作用については「他人に嗅がせて実験する」という一歩間違えばテロ並みのテストが必要ですが、着替えが減るのは大きなメリットです。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ