ストップ&ゴーが得意なので街中ライドにピッタリだけど、その気になれば100kmライドだって行けちゃう便利な小径車。

とは言え、長距離となるとドリングホルダーが欲しくなるのですが、ダウンチューブが(ほぼ)無いモデルではその取り付けに悩みます。何処にもダボ穴がないBROMPTONは特に困ったりします。

そこで、北海道が誇るアウトドアショップ「秀岳荘」の工場オリジナル「BROMPTON用ボトルホルダー」。
R0022010.jpg
取り付けは、ハンドルバーにはカムバックル、ステムにはベルクロで留めるだけ。
IMG_3350.jpg
ハンドルバーの部分もベルクロで良い気もしましたが、この方が遊びを作らず留められます。

で、このスペースへのギアの取り付けは折り畳み時に邪魔になるのですが、カーボンやアルミ製ではなく布タイプなので大丈夫。折りたたみに影響はありません。

ちなみに生地は発売時点で7種類の中から選べて、僕が選んだ生地での重量は実測80g。

少々スタイリッシュではないボテッと形状ですが、自転車用ボトルやペットボトル・缶など形状問わずホールドしてくれるし、巾着式なので補給食やコンデジを入れておくこともできます。
IMG_3349.jpg
メインポケット底には水抜き穴も。意外と大事です。
IMG_3351.jpg
蓋付きのフロントポケットもあり、手持ちのスマホ(iPhoneSE)と山財布(RIDGE MOUNTAIN GEAR R ZIP WLT)ならピッタリ入ります。普通のサイズのスマホなら問題ないでしょう。
IMG_3352.jpg
街中なら飲み物がないと困るほどは漕がないし、それならボトルホルダーに財布と鍵とスマホを入れて身軽にポタリングするのもありです。
R0022011.jpg
これまで使っていたのはMAMMUT Add-on bottle holderで、これはこれで便利なのですが、底が全面覆われていないのでドリンクボトル以外は落としてしまう可能性があるのが問題でした。

BPボトルホルダーは、ちょっと遠くまで行く際のドリンクボトルや、フラッと近場に行く際の財布/スマホ入れに丁度良いです。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ