フィット感抜群で、重さを感じず歩けるPaago Works RUSH28。今ならRUSH20もしくはRUSH30でしょうか。
P9060033.jpg
RUSH20/RUSH30で改善されましたが、それでもメイン気室へのアクセスはちょっと面倒です。

面倒だからショックコードにソフトシェルを挟んだこともありましたが、荷物が少なかったせいか気が付けばポロリ・・・。
(後ろを歩いていた相方が拾ってくれて事なきを得ましたが)

という訳で外付けポケットをプラス。
P6120010.jpg
Exped Flash Pack Pocketも試しましたが何となくイマイチで・・OMM Compressor Podが良い感じでした。防水ではないですが、ウィンドウシェル/レインウェア/ファーストエイドキットなんかを入れるにはピッタリです。
P6120009.jpg
この上からショックコードを掛ける事ができるので揺れも最小限にできます。

ちなみに裏から見るとこんな感じです。
P9010018
とっても簡易的ですが実用上の問題はありません。ロードリフトストラップもRUSH30のようにサイドリリースバックルに替えたいところです。

当初はRUSHに合わせたサイズの外付けポケットをMYOG(自作)しようかと思ってましたが、もうこれで十分でした。容量不足を感じたらまた考えます。

たかが5L、されど5L。パッと出し入れできて落とす心配がないのは精神衛生上とても良い事です。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ