見た目に惚れた部分もありましたが、使ってみると・・・これは良いです。
P6230002.jpg
GRANITE GEAR VAPOR TRAIL ビームス別注で、(今更ながら)GRANITE GEARのザックに注目したら見つけてしまいました。

VIRGATEは、51Lを有しながら軽量なフレームレスパックGRANITE GEAR VIRGAを日帰り用(26L)にダウンサイジングした日本別注モデルですが、その後 VIRGA 26としてGRANITE GEARのラインナップに加わっています。

重量は480g(実測473g)。
P6230003.jpg
26Lとしては十分に軽いですが、ベースモデルのVIRGAと同様にフレームも背面パッドもないので、背面パッドの代わりになるものを入れないと背負心地が悪くなったり、重いパッドを入れるとせっかくの軽さが台無しになったりします。

防寒着とPlatypusなどのウォーターボトルで壁を作ったり、山で使う座布団を背面パッドの代わりにすれば実際には重量増になりません。山と道Minimalist Padで中をぐるっと覆うのと見た目の形もキレイになります。

しなやかな素材なので持った感じはかなり軽くて、それなのに背負うとしっかり感があります。使っている生地は薄手の100D & 210D シルハイブリッドナイロンコーデュラ。背面はメッシュ素材などは使われおらず本体と同じ生地です。真夏はちょっと暑いかも。
P7130105.jpg
フロントとサイドにストレッチ性のあるポケットがあるので、ドリンクやソフトシェル/レインウェアなどを外付けできます。
P6230004.jpg
サイドストラップはサイドポケットの外側にも内側にも通す事ができるので、ドリンクボトルの場合はポケットの内側、トレッキングポールやテントポールの時はサイドポケットの外側など使い分ける事ができます。

フロントポケットは小さめに見えますが、ストレッチ性のあるメッシュ素材なので意外と入ります。

ショルダーハーネスは細すぎず太すぎず、厚すぎず薄すぎず。しっかりした形状だし丁度良いです。大型ザックがメインな(だと思う)GRANITE GEARのノウハウが詰まっている感じです。
P7130107.jpg
トップはロールトップクロージャ―+一本締め。ロールトップ部分は本体同様柔らかい生地なので適当に巻いても大丈夫です。というかロールトップじゃなくVIRGA同様巾着式でも良かったかも。
P7130108.jpg
大型ザックをダウンサイジングしたからかは分かりませんが、ショルダーハーネスにはロードリフターがついています。ある程度の重さになるとロードリフターの有難みを感じるので好きなのですが、総重量5kg以下の日帰りハイクなら無くても気になるほどではありません。
P7130106.jpg
というか、26Lという感じがしません。細身ですが30Lくらいありそうです。ウェストベルトはパッド無しの25mmのテープですが、腰荷重ではなく背中全体で背負うようにすればこれで十分です。

荷物が少ない時はサイドとフロントにあるバックルでコンプレッションを掛けれらますが、ミニマムな装備での日帰りハイクには持て余す容量です。ちょっと多めに防寒着を持つ時期や、沢山食材を背負う時には丁度良いサイズです。
P6200081.jpg
できれば背面パッド入れと小物入れを後付けしたいところですが、逆にそれくらいしか要望がありません。背負い心地は想像以上だったし、何よりタイガーというこの配色がステキです。質感も含めたオールドスクールテイストが山で映えます。季節によっては周りと同化してしまいますが・・・秋だと保護色?

価格的にも手を出しやすいし、機能的にもこれで十分です。もっと人気が出ても良い気がします。

しかし、10年前くらいからあるVIRGAで軽量ザックの基礎は完成されているのですね・・・。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ