思いっきりランニング用途だとは思いますが、色々便利です。
P6240067.jpg
前後合わせて容量1Lのウエストバッグならぬランニングベルト。
P6240069.jpg
メーカーサイトでは250gという重量表記がありましたが、実測では94g。そのうち修正されるでしょう。




250gもあるのか・・・と思っていましたが、94gはなかなか軽いです。ジッパーレスだったりして無駄なものを省いています。

装着は左手側のバックルで。
P6240068.jpg
フィットさせるは右手側の4点支持のショックコードで。
P6240071.jpg
マチのないポケットにジッパーはないですが、中のものが落ちる気配はありません。
P6240073.jpg
というかショックコードをぎゅっと締めるとホントに揺れませんね。
P6240075.jpg
あと、ギアループがあるので・・・
P6240080.jpg
トレッキングポールなども取付可能です。P6240079.jpg




でも付属のコードはちょっと短いので、もう少し長いタイプに変えてもいいかも。下のようにすると手前の一箇所で固定できて便利です。
P6240082.jpg
そんな感じで僕には一見無用なアイテムですが、自転車との相性は良いです。ジャージ着ない派なので、ジャージのポケットの代わりにピッタリ。スマホと財布と鍵、そしてカメラ(RICOH GR)を入れた程度なら重さも感じずペダルを踏めます。
P6240074.jpg




その場合、右脇のショックコードは緩めにしておくと楽です。

また、サコッシュと合わせれば、途中でザックをデポして山頂まで行くようなアタックザックの代わりにもなります。Rush Hipには水が入ればいいので容量的には問題ありません。ペットボトルもすっぽりと。
P6240077.jpg
背中が涼しく一時の解放感も味わえます。ナイロン製のアタックザックは意外と暑いですからね。

もちろん、付けっぱなしで歩いても大丈夫。ウエストベルトの無い、もしくは細いテープだけのハイキング用ザックとの組み合わせなら、横向きに付ければ良いだけです。
P6240078.jpg




行動食とかスマホ/GPS入れとして丁度良かったりします。

片側にはキーフックがあるので、貴重品も入れておくのもあり。
P6240084.jpg
太めのウエストベルトがついているザックには合いませんが、色々使えるランニングベルトだったりします。

大汗をかくような状況で、中に入れたものにどれくらい影響があるかはこれからチェックしていきますが、意外とハイキングにも向いている気がします。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ