シンプルだけどどこかワクワクさせてくれるお気に入りのZimmerBuilt Pika Pack HD ver.をちょっとリメイクしました。
20170923131442.jpg
MYOG=Make Your Own Gearじゃなくて、Modify Your Own Gear??

以前にも吹き流しにスナップボタンやバックルを付けて、ロールトップで使いやすいようにプチ改造はやっていたのですが、このサイズなら吹き流しは巾着式の方が良いなぁと思いまして。ちなみに、ロールトップ化は883designsさんのアイデアから頂きました。プロの方がこういうテクニックを公開してくれるって凄い事です。

でも、僕がPika Packに求めるのは「気軽さ」です。気軽に山へ誘ってくれそうな出で立ちが好き。ロールトップをクルクル丸めるのでさえ省けるなら省きたい(巻くならちゃんと巻きたい派)・・・でもX-PAC VX07のままじゃ硬くて巾着になりにくい・・・という訳で吹き流しを替えることにしました。

それと同時に、気付けば手持ちのザックは”真っ黒”が多くなってきました。黒いのザックは好きなのですが、真っ黒ばかりじゃあれだなぁと。あと、遭難時とか蜂対策を考えても。先日蜂っぽいものに刺されたたし・・・。という訳でフロントパネル(と言うのかな?)も替えます。

まずは吹き流しとフロントパネルを外します。フロントパネルはまだ良いのですが、吹き流しはショルダーハーネスがガッツリ縫い込まれているので、なかなか手ごわかったです。フロントパネルを外すとメッシュポケットまで外れます。組み直せるのかちょっと不安。
PB290015.jpg
フロントパネルはX-PAC LS07 ブラックヘザー、吹き流しは70Dのシルナイロンで作りました。吹き流しは7cmくらい長くしています。フロントパネルはハイブリッドキューベン、吹き流しはDyneema X Gridstopにするなども考えましたが、僕にはLS07とシルナイロンの組み合わせの方がしっくりきました。

フロントパネルを外すとショルダーストラップの付け根も外せそうなので、ショルダーハーネスと合わせてみたくてDyneema X Gridstopで作り直しました。ついでに使ったことが無いウェストベスト用のテープは外してしまいました。
PC120024.jpg
ここまでくるとふつふつと野望が沸いてきて、ちょっと細身にしたり、ボトム部分をもう少し高くしたり、背面に3Dメッシュを入れたり、ロードリフトストラップ(ショルダーハーネスと本体を密着させるストラップ)を付けたり・・・でもそれなら最初から作ってしまえば良いなと思い直し、今回は見送りました。使用頻度は低いけど使う時には欲しくなるハイドレーションポートも、ハイドレーション使用時には巾着の穴から出せばいいやと妥協します。

あと、上部のショックコードをテープに変えたかったのですが、これはPika Packのアイコン的なパーツなのでそのままにします。ショックコードだと山と道Stuff Pack XLを付けた際にイマイチ安定感がないのでテープの方が良いのですけどね。

でも、このショックコードはメッシュポケットとザックの背面上部が接続されているので、重心が遠くに行きがちです。なのでザック内部の吹き出し口との接続部分にテープとバックルを付けました。
PC120026.jpg
これにより荷重を背中側に引き寄せる事ができます(多分)。そして荷物が少ない時のコンプレッション代わりにもなります。

最後に、PIKA PACKは1気室+メッシュポケットのみの超シンプル構造なので、小物入れがありません。そこで内側背面にポリプロピレンテープを縫い付けました。山と道MINI用のポケットを付けています。
PC130027.jpg
という訳で完成です。
PC120023.jpg
素材以外の見た目は変えたくなかったのでパッと見の変化は少ないですが、ほぼ全部バラしたので勉強になりました。縫代が5mm程しかないので縫うのは地味に大変でした。特にメッシュ部分は、縫い付けられていない箇所があったりで軽く泣きました。なので細部を見るとボロボロですが、縫い目が汚くても強度が大事なので気にしないことにします。

使い勝手はもちろん向上し、巾着がパッと締めやすくなりました。荷物が少ない時なら巾着を締めずに適当に束ねてトップのショックコードを閉めれば良いので楽ちんです。
PC120025.jpg
内部につけたバックルも、期待通り荷重を身体側に寄せてくれます。レインウェアや防寒着ならこのバックルを締めたまま出し入れできるので手間も少ないです。内側のポケットには、貴重品の他に背面パッドを入れておけば背負い心地も向上します。

巾着を長くしたのでここまで荷物が入ります。でもウェストベルトを外しているので、これでは歩かないかなぁ。
PC120022.jpg
色については、「結局黒いじゃん」というハナシもありますが、青みがかったグレーです(←言い訳)。

重量は334gから319gと15g軽くなりました(実測)。巾着が伸びて、ザックの中に内にバックルが入って、ショルダーストラップも少々重いタイプ(しななかった)に変わってますが、生地をX-PAC VX07→X-PAC LS07&70Dシルナイロンに変えた分でしょうか。

さて、PIKA PACKを半分解してザックの構造が色々わかったので、ゼロからザックを自作する野望が沸き上がってきました。年末年始は楽しめそうです。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ