ブロンプトンのタイヤを交換しました。
選んだのは「SCHWALBE KOJAK (16x1-1/4)」。
P9160044.jpg
ケブラービードのKOJAKの方が軽いしタイヤ交換が簡単なのですが、価格にビビってワイヤービードです。バリバリ走るなら走りも軽くなるケブラービードを選びますが、峠を越える訳でもロングライドする訳でもないのでコスパを重視しました(価格が倍以上違うので・・・)。

重量は実測平均231.5g/本。純正タイヤ(248.5g/本)よりちょっとだけ軽くなりました。ここは前後合わせて100g以上軽量化できるケブラービードとの大きな違い。
P9160046.jpg
硬いワイヤーが入っているのでタイヤの脱着は素手では厳しいです。タイヤレバーを使えば何てことないですが。
でもリアが2速(フロント2×リア2の4段)なので、リアタイヤを外すのは簡単です。内装ギアがないだけで全然違います。気軽です。
IMG_3397.jpg
タイヤを外したついでにあちこち清掃します。プーリーが付いているテンショナーは簡単に外せるので掃除しやすくて良いのですが、そのプーリーの汚れを取るのが手間でした。

履き替えた結果、ブロックタイヤからスリックタイヤになったので少々細くなり、少々軽快になり、少々路面をダイレクトに感じる気がします。KOJAKも耐パンク性能が高いようですが、純正タイヤには負けるのかな?でもBLACK EDITIONとKOJAKの(見た目の)相性は抜群です。

まぁ、ブロンプトンをスポーティーにするのが良いのかどうかはその人次第。
P9160043.jpg
そうそう。万全を期すなら予備タイヤの携帯用にケブラービード版も買った方が良いのですが・・・要検討です。

最後にポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ